猫の飼い方

猫を飼うときの初期費用は?日々の飼育費は?経験者が教えます

よっしー/動物ライター

猫を飼いはじめたばかりの初心者の方のために、役立つ猫の知識を発信する動物ライターです。猫飼育歴約30年。動物好きの家庭に生まれ育ち、幼少のころから犬、猫、鳥、魚、爬虫類などを飼ってきました。全ての猫と飼い主さんが幸せになるような記事を書きたいと思います。日本愛玩動物協会会員

こんにちは。よっしーです。

猫を飼いたいと思ってるあなた。いったいどれぐらいのお金が必要なのか不安に思ってますね?

わかります、その気持ち。

確かに猫を飼うにはお金が必要です。

生活保護やそれと同等の経済水準で猫を飼ってる方もいらっしゃいますが、猫に健康的な生活をさせることを考えると最低限度の出費ではやはり不十分で、ある程度余裕がある家庭で飼うのが望ましいと思います。

お金持ちじゃないと飼えないというわけではありません。

よっしーは全然お金持ちじゃないですし、むしろ収入は少ないほうです。

でも独身なので自分で使えるお金が多いですし、若い頃に大企業に勤めてたのでそのときに貯めた蓄えと退職金がある程度残ってます。

この記事では猫を1匹飼うのにいったいいくら必要なのか、そのことを書きたいと思います。

スポンサーリンク


結論:猫1匹につき、生涯で250万円が目安

いきなり結論を書いてしまいますが、1匹につき250万円あればまあ安泰と言っていいです。

もちろん猫は生き物ですので、大きな病気などをした場合はそれ以上必要なこともあります。

しかし、当面の目安としてとりあえず250万円の目処がつけば問題なく飼えるだろうということです。

ただし、これは最初から250万円用意してないといけないというわけではありません。

猫の平均寿命が15年として、15年間の出費の合計で250万円です。

以下に内訳を書きます。

初期費用

品物 値段
猫(生体価格) 100000円〜300000円(保護猫の場合は0円)
安心パック(ワクチン代+マイクロチップ+健康診断など) 50000円(保護猫の場合は30000円ぐらい)
ケージ 10000円
トイレ本体 2000円
猫砂1ヶ月分 2000円
ご飯(ドライキャットフード)1ヶ月分 3000円
茶碗(ご飯を食べるときに使う) 100円
ご飯ストック箱(密閉容器) 1000円
自動水飲み器 5000円(無くてもいいがあったほうが便利)
キャットタワー 10000円
爪切り 1000円
ブラシ(ファーミネーター) 5000円
キャリーバッグ 3000円
爪とぎ 1000円
おもちゃ(ねこじゃらしなど) 500円
コロコロ 500円
密閉できるゴミ箱(使用済み猫砂を入れる) 1000円
合計 75100円〜395100円

上記が猫を飼うときに最初に用意すべきものです。

けっこうたくさんあるでしょ?

ここでのポイントは生体価格と安心パックになります。

生体価格とは猫自体の価格です。ペットショップやブリーダーから買う場合は値段が付きます。

価格は品種や年齢によってさまざまです。

傾向としては月齢3ヶ月ぐらいが最も人気があるので高いです。

5ヶ月6ヶ月と年を取ってくるとプライスダウンしていきます。

安く購入したいならある程度育った子を迎えるのもいいと思います。

また、保護猫の場合は売り物ではありませんので生体価格はゼロ円です。

次に安心パックですが、これはペットショップが猫に付帯させているサービスで、ワクチンや健康診断やマイクロチップ装着を一括してやってくれるものです。

「安心パックいらないから猫だけください」ということはできず、猫を買うなら必ず安心パックも買わないといけません。

保護猫の場合もワクチン代や避妊去勢代やそれまでかかった飼育費用を請求される場合が多いですが、この場合は実費のみになるのでペットショップよりは安いことが多いです。

ちなみに猫用ベッドは買わなくていいじぇ
フレイ
フレイ
わさ
わさ
猫がベッドで寝てくれるとは限らないしどこでも気に入った場所で適当に寝るからね猫は
関連記事
猫の給水器おすすめ3選、実際に使った感想

こんにちは。よっしーです。 この記事を読んでる方は猫を飼ってる方だと思いますが、あなたの猫ちゃんにはどんなやり方で水をあげてますか? 猫ちゃ ...

続きを見る

スポンサーリンク

月々の飼育費

ご飯(ドライキャットフード) 3000円
猫砂 2000円
歯みがきシート 500円
ペット保険 2500円
給水器のフィルター 500円
その他消耗品 1500円
合計 10000円

以上が月々の飼育費です。

これは固定費だけです。病気やケガをしたときの医療費など想定外の出費は含みません。

ご飯はピンきりで、安いものだと月に1000円以下で済むものもありますが、そういうものは着色料がたくさん入ってたり、粗悪な材料が使われてることが多いです。

猫の健康のことを考えるなら最低でも月に3000円程度はお金をかけましょう。

ペット保険もピンきりですが、あまりにも保険料が安い商品はいざというときに保険金を払い渋ることがあるので大手の有名なところと契約したほうが無難です。

「その他消耗品」はウェットティッシュや使用済み猫砂を入れるためのビニール袋、アルコールスプレー、コロコロの芯などですね。細かいですがちりも積もればバカになりません。

わさ
わさ
他にもドライキャットフードの他にウェットフードをおやつで追加するとかすると猫の生活レベル向上になるぞ
健康面だけ考えたらおやつは不要だけどね。あったほうが生活が楽しくなるよね。
フレイ
フレイ

スポンサーリンク


医療費

避妊去勢手術 20000円〜30000円
ワクチン 年に5000円
マイクロチップ装着 7000円
病気・ケガ(通院) 1回1000円〜10000円
病気・ケガ(手術) 100000円〜500000円

以上が医療費になります。

避妊去勢とマイクロチップは1回だけでいいです。猫を買った時の安心パックに含まれてれば2度めは必要ありません。

ワクチンは年に1回打たなくてはいけません。3年に1回というドクターもいらっしゃいますが、ペットホテルやペットシッターなどが年1回のワクチンを利用条件にしていることが多いので年1で打ったほうがいいです。

病気・ケガについては猫ちゃんがどれだけ強いかによります。

体の強い子なら何年も病気にならないですが、弱い子なら定期的に受診が必要なケースもあります。

手術ということになると高額なのでペット保険に入っておきましょう。

ベネッセの調査によると猫の医療費の平均は生涯で70万円だそうです。

これはあくまでも平均です。場合によってはこれ以上になることもあります。

猫としても病院にはできるだけ行きたくないじぇ……
フレイ
フレイ
わさ
わさ
でも行かないと死ぬからな

合計

上記を全て合計してみましょう。

まず初期費用が395100円。

飼育費が月に10000円✕12ヶ月✕15年=1800000円

医療費が700000円、ペット保険で5割負担として350000円。

395100円+1800000円+350000円=2545100円。

およそ250万円ですね。

冒頭で述べたようにこれはあくまでも予算です。場合によってはこれ以上になることもあります。

スポンサーリンク

まとめ:猫はお金がかかる

自分で稼いだお金の中から250万円出せるかというのをよく考えて飼いましょう。

「250万円出してもいいから猫を飼いたい!」という場合にのみ飼ってください。

ペットショップで衝動買いなどは絶対にしないようにしましょう。

わさ
わさ
当たり前だけど猫にはお金のことはわからないよ
飼えなくなって手放すことになったら猫は嫌われて捨てられたと認識するじぇ
フレイ
フレイ
  • この記事を書いた人

よっしー/動物ライター

猫を飼いはじめたばかりの初心者の方のために、役立つ猫の知識を発信する動物ライターです。猫飼育歴約30年。動物好きの家庭に生まれ育ち、幼少のころから犬、猫、鳥、魚、爬虫類などを飼ってきました。全ての猫と飼い主さんが幸せになるような記事を書きたいと思います。日本愛玩動物協会会員

人気記事

1

こんにちは。よっしーです。 猫飼いにとって、多頭飼いはとても魅力的です。 猫同士が仲良くしている光景はとても幸せで癒やされます。 そんな癒や ...

2

こんにちは。よっしーです。 新しく猫を迎えようとしてるあなた!どんな名前にしようか迷ってらっしゃいませんか? 「できるだけ可愛い名前がいいな ...

3

こんにちは。よっしーです。 あなたは一人暮らしで猫を飼いたいと思いますか? 飼いたいとは思うけど、飼えるのかどうか不安……。 そのように思っ ...

-猫の飼い方
-, , , , ,

© 2019 Nekowasa