「ねこわさ」YouTubeはじめました!チャンネルはこちら

猫が飼い主の布団の中に入ってくるのはなぜ?気持ちと注意点を紹介

猫が飼い主の布団の中に入ってくるのはなぜ?気持ちと注意点を紹介

猫は寒い時期になると飼い主の寝ている布団の中に入ってきますが、暖かいから入りたいだけではありません。布団の中に入っていくのには、猫の感情や気持ちがあります。

今回は猫がお布団に入るときの場所や位置でわかる、猫の気持ちをくわしく説明していきます。

飼い主に寄り添って寝る場所などによって猫が飼い主さんに対してどういう気持ちなのか、また猫がお布団に入る際の注意点を説明していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

猫が布団に入るのはなぜ

猫は暑い日以外は布団に入ってきますが、布団に入ってきたり、布団の上で寝ていたりするのはなぜか知っていますか?家族と一緒に暮らしているなら、お気に入りの人の布団があるかもしれません。

布団で寝るのにはどんな理由があるのでしょうか。次に説明していきます。

布団の中が暖かいから

猫は寒い時期に、暖を取るために布団の中に入ります。なぜなら、布団の中は暖かく、猫の本能の中で暗くて狭い空間は最適な場所なのです。

他には布団のふんわりとした感触が良いためです。布団の中は猫にとっては好きな条件が満たされているため、好んで布団の中で寝ます。

スポンサーリンク

飼い主さんのそばにいると安心するから

猫にとっては飼い主さんのそばにいると、安心でき無防備になれます。なぜなら、飼い主さんがご飯やトイレ掃除などの身の回りのお世話をしてくれるので、とても信頼し安心感が持てるからです。

他には飼い主さんになにかあれば、すぐに助けられるという気持ちもあるためです。

布団の感触が大好きだから

先ほど、布団の感触が良いためと書きましたが、ふかふかと感触が良いと猫は前足でモミモミと揉む行動をします。前足で揉むのは子猫時代に母猫の乳を出やすくするために、前足で揉んでいた名残りです。

布団は飼い主さんの匂いに包まれているため、安心感があります。

猫が飼い主の布団の中に入ってくるのはなぜ?気持ちと注意点を紹介

お布団の寝る位置でわかる猫の気持ち

猫に好かれていると布団で寝ていたら、布団の中に入って添い寝したり、顔の近くで寝たりします。猫の寝る場所によって気持ちが表れています。

飼い主さんの顔の横や近くで

猫が飼い主さんの顔の横や近くで寝るということは、とても信頼しているという表れです。なぜなら、母猫に対してお尻を向けて寝ることがありますが、これは信頼感があるためです。

また、猫の性格で表現すると「子供っぽい性格」で甘えん坊なところがあります。一時だと、起きてほしい、構ってほしいためなどもあります。

飼い主さんの寝ている布団の中で

猫が布団の中に入ってくると、飼い主さんのわき腹や足の間で寝ることがあります。わき腹で寝るのは飼い主に対して警戒心を抱かずに安心して寝られるため、おおらかなタイプが多いです。

足の間で寝る猫は、ある程度囲われた場所で寝るのが好きで、飼い主のそばで寝たいけど手は出してほしくないという微妙な距離感でいたいという気持ちです。

飼い主さんの足元で

飼い主さんの足元で寝る猫は、寝ている最中に邪魔されたくないという表れです。猫の性格で表現すると「大人っぽい性格」で警戒心が強いところがあります。

スポンサーリンク

猫が布団の中に入ってくるときの注意点

猫が寝るときに布団の中に入ってくるのは大歓迎ですが、布団の上でおしっこをしてしまったり、ノミやダニが体に付いてたりすると飼い主には困ってしまうことになってしまうので以下で注意してみましょう。

猫が布団におしっこをしてしまわないように

猫が布団におしっこしてしまう理由のひとつに、トイレの環境が気に入らないという理由があります。トイレ環境を整えると布団でおしっこする行為がなくなるかもしれません。

もうひとつ、羽毛布団のためにしてしまう猫もいます。なぜなら、カサカサとした感触が尿意を感じてしまい、布団にしてしまいます。おしっこの臭いがついてしまうと、もう一度してしまう可能性がありますので、防水カバーをつけたり、トイレ環境や生活環境にストレスがかかっていないか確認してみましょう。

ノミやダニなどに注意しましょう

猫の体にはノミやダニが寄生しています。毎日ブラッシングをしていればノミやダニの量は少ないのですが、多いと布団に寄生してしまう可能性があります。

布団に寄生してしまうとノミやダニが増えてしまい、布団を使用する人や他の猫に寄生して感染症を引き起こしてしまう可能性もありますので、寝る前にはブラッシングをして取り除きましょう。

猫を押しつぶさないように気をつけて

大人に成長した猫だと飼い主が寄りかかっても大丈夫ですが、生後4ヵ月ぐらいの子猫だと小さすぎて人が寄りかかると押しつぶしてしまうかもしれません。

圧迫させないように注意して、添い寝しましょう。

猫が飼い主の布団の中に入ってくるのはなぜ?気持ちと注意点を紹介

まとめ

今回は猫が布団に入ってくるときはどんな気持ちなのか、寝ている飼い主に寄り添う場所についての気持ち、猫が布団に入るときの注意点をお伝えしました。

寒い時期限定になりますが、添い寝はお互いの信頼関係が強いとできますので、お互いに気持ちよく寝れるように絆を深めていきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次