猫の習性

猫の知能が人間を凌駕する!?猫の知能に関する意外な事実

2019年11月19日

みなさんこんにちは。よっしーです。

よく動物をテーマにしたテレビなどで「猫の知能は人間で言うと○歳ぐらい」「チンパンジーの知能は人間で言うと○歳ぐらい」などと言いますね。

しかし、これは「猫の行動が人間の○歳児と同じレベルだから」というだけの理由で予想された大雑把な数字であって、厳密な根拠のあることではありません。

そもそも知能という言葉自体があいまいで、定義が定まってないものです。

例えば人間や犬や猫といった陸上動物は道順を記憶し、目的地に着くまでの経路を計算しながら歩きます。これは知能があるからできることです。

一方、鳥は道順を計算する知能などありません。なぜなら必要ないからです。空を飛べますからね。そのかわり磁場を感じて方向を把握する能力があります。

ここで陸上動物と鳥を比べたときに道順を計算する知能と磁場を感じる知能どっちが優れているかなどと論じるのは無意味な行為でしょう。なぜなら必要とされてる知能が違う以上、それはリンゴとミカンはどっちが美味しいか論じるようなもので、比べられないからです。

同様に、猫の知能は人間で言うと何歳かなどと「全体的に」比べるのは意味のない論だと思います。人間と猫は生態がまるで異なり、必要とされてる知能が違う以上、比べられないです。

猫は犬に比べてバカだと言われることが多いよなー

フレイ
フレイ
わさ
わさ

猫は人間の言うことを聞かなくても可愛がられてきたっていうのが大きいな。猫の役目は犬と違ってネズミ捕りだったからね。

スポンサーリンク


猫の知能は部分的には人間よりも上?

人間と猫の知能は全体的な尺度では比べられないですが、部分的には人間を凌駕しているのでは……と考えられることもあります。

猫は生まれながらのハンターであり、狩りに使うための知能が異常発達しています。特に空間認識能力が非常に優れていることが明らかになっています。

我々人間は知らない土地を歩くとき、誰でも頭の中にグーグルマップのような地図を思い浮かべると思います。これは歩いている自分を上空から俯瞰しているイメージであり、2次元の地図です。

ところが、猫はこの頭の中の地図が3次元であることが知られています。つまり、高低差の位置まで頭の中に入っているのです。

そして一度歩いた道は二度と忘れず、ずっと覚えていて、目的地まで行くための最短経路を瞬時に計算できます。

人間がカーナビに頼ってやっていることを猫は自前の頭で計算できるのです。

兄ちゃんは狩りが上手いよなー。待ち伏せとか先回りとか瞬時にするし。

フレイ
フレイ
わさ
わさ

アメショーはハンターとして作られた品種だからな。最短経路の計算なんかちょいちょいでできるよ。

よっしーなんか地図を見ながらでも道に迷うのにな。

フレイ
フレイ
わさ
わさ

「方向音痴」という人間の感覚は理解できないなぁ。

スポンサーリンク

猫の短期記憶力は人間の20倍!?

動物の記憶能力には短期記憶と長期記憶があります。

短期記憶とは30秒から10分程度の短い間だけ覚えていられる記憶を言います。

人間で言えば電話番号を覚えることがこれに該当します。知らない人の電話番号はかけ終わった後は10分もすると忘れてしまいますよね。それが短期記憶です。

実験によると、人間の短期記憶は平均30秒だと言われています。

よくテレビのクイズ番組などで絵を一瞬だけ見せてその中に描かれていた野菜や果物の種類を全部言わせるというクイズをやってますが、ああいう記憶は30秒も維持できれば良い方ですよね。

ところが、猫の短期記憶は10分間維持できるというのが2007年の研究でわかったそうです。

人間の20倍以上の長さですね。

わさ
わさ

食べ物とか興味のあることは長く覚えられるな

食べ物の恨みは怖いんだじぇ!

フレイ
フレイ

スポンサーリンク


一方で、論理的思考は苦手……

このように猫には優れた知的能力がある一方で、因果関係を理解する知能、すなわち論理的思考力は苦手で、犬などよりも劣ることがわかっています。

2009年の研究によれば、紐の先にご飯を付けて引っ張ると食べられるような装置を開発し、猫を実験したところ、1本の紐だけならクリアできたそうですが、何本も紐を増やしたり、紐を交差させるとクリアできなかったそうです。ちなみに同じ課題を犬はクリアできたそうです。

一方で、2016年に京都大学が行った研究によれば「箱の中で音がするならば中に生き物がいるはず」という因果関係を猫は理解できたそうです。

人間は視覚が発達した生き物ですが、猫は聴覚の生き物なので、2016年の研究はスムーズにクリアできたのかもしれません。やはり人間とは知能の構造が異なると感じます。

紐を引っ張るとご飯が取れるっておいらたちが普段経験しないようなことだからなー

フレイ
フレイ
わさ
わさ

やっぱり普段から使う知能じゃないとなかなか発達しないよな

スポンサーリンク

猫の知能の研究はまだまだこれから

犬に比べて猫の知能の研究はまだ全然進んでいません。

犬は人間に従う習性がありますが、猫は気まぐれであまり従わないので、どうしても厳密なテストがしにくいのです。

今後、少しずつではありますが、研究が進展することに期待しましょう。

新しい研究結果が発表されたらまた記事にするじぇ!

フレイ
フレイ
わさ
わさ

お楽しみに!

関連記事
意外と知らない猫の習性のまとめ

こんにちは。よっしーです。 猫を飼い始めて驚いたことってありますか? 知り合いに40代で初めて猫を飼ったおじさんがいますが「こんなに賢い生き ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
アバター

よっしー/動物ライター

猫を飼いはじめたばかりの初心者の方のために、役立つ猫の知識を発信する動物ライターです。猫飼育歴約30年。動物好きの家庭に生まれ育ち、幼少のころから犬、猫、鳥、魚、爬虫類などを飼ってきました。全ての猫と飼い主さんが幸せになるような記事を書きたいと思います。日本愛玩動物協会会員

人気記事

1

こんにちは。よっしーです。 猫飼いにとって、多頭飼いはとても魅力的です。 猫同士が仲良くしている光景はとても幸せで癒やされます。 そんな癒や ...

2

こんにちは。よっしーです。 新しく猫を迎えようとしてるあなた!どんな名前にしようか迷ってらっしゃいませんか? 「できるだけ可愛い名前がいいな ...

3

こんにちは。よっしーです。 あなたは一人暮らしで猫を飼いたいと思いますか? 飼いたいとは思うけど、飼えるのかどうか不安……。 そのように思っ ...

-猫の習性
-, , ,

© 2019 Nekowasa