「ねこわさ」YouTubeはじめました!チャンネルはこちら

病院へ連れて行くとき猫をどうやって捕まえる?捕まえ方のコツを教えます

病院へ連れて行くとき猫をどうやって捕まえる?捕まえ方のコツを教えます

いつもは大人しい性格の飼猫が、動物病院や外に連れ出すためにキャリーを出すと警戒心が強くなり、キャリーの中に入ってくれないことはありませんか?

無理やりキャリーに入れようとして、大暴れして飼猫や飼主がケガをしてしまう可能性があります。

そうならないように、この記事では飼猫にキャリーに慣れてもらうコツや捕まえる方法、道具を使って捕獲する方法について紹介していきます。

目次

キャリーに慣れるために普段から出しておく

室内で飼われている猫は普段は外に出ることがないため、動物病院や外出のたびにキャリーを出すと嫌なことをされる場所に連れて行かれると警戒してしまいます。

警戒してしまうと、キャリーを取り出した瞬間に逃げてしまったり、爪を立てて飼主さんにケガをさせてまで抵抗してきます。

警戒されないためには飼い始めの頃から、キャリーを猫のよく通る廊下やお気に入りの部屋などに置いてみましょう。

出入口を開けておけば、慣れてくると自由に出入りできたり、寝場所として寝に入ったりします。

そうなると猫は、キャリーは安全な物として認識します。

いざというときにキャリーの中に入ってもらうときには、スムーズにいく可能性があります。

病院へ連れて行くとき猫をどうやって捕まえる?捕まえ方のコツを教えますわさ

猫はもともと狭いところが好きだからな

病院へ連れて行くとき猫をどうやって捕まえる?捕まえ方のコツを教えますフレイ

キャリーは病院と結びつかなければ普通に落ち着く場所だじぇ

捕まえる前に、おもちゃでおびき寄せる

警戒心が強く、なかなかキャリーに入ってくれない猫にはおもちゃで一緒に遊び、キャリーへ誘導してみましょう。

時間はかかりますが、急に捕まえようとすると警戒心を与えてしまうので、時間をかけて遊んであげたほうがストレスが比較的小さく済むかもしれません。

大好きなおやつも有効な手段です。

お気に入りのおもちゃと大好きなおやつがキャリーの中にあれば、入ってくれる可能性があります。

もし、おもちゃで遊んで疲れて寝てしまったら、やさしく抱き上げてケージの中に入れてあげましょう。

病院へ連れて行くとき猫をどうやって捕まえる?捕まえ方のコツを教えますわさ

猫に察知されないようにしろよ

病院へ連れて行くとき猫をどうやって捕まえる?捕まえ方のコツを教えますフレイ

捕まえようとしてるときの人間の動きは普段と違うのですぐわかるんだじぇ

病院へ連れて行くとき猫をおもちゃでおびき寄せる

お気に入りのタオルで包む

タオルが好きな猫がいますが、猫はふわふわ感などの手触りが良い素材を好む傾向があります。

タオルなどの下で寝る猫にはお気に入りの大きめのタオルで包み込み、病院などで暴れる猫ではなかったら、そのままケージに入れられます。

猫をタオルなどで包むメリットは、嫌がって猫に爪でひっかかれることがありません。

飼い主や病院のスタッフさんをケガさせることがありません。

デメリットは「ウールサッキング」という異物を食べてしまう行為です。

不安や欲求不満などのストレスを解消するためだとされている問題行為のひとつです。

タオルを長時間舐めたり、かじったりしないよう注意をしてあげましょう。

病院で暴れるときには洗濯ネットに入れる

室内では大人しいのに、動物病院に連れていくと暴れてしまう猫には洗濯ネットがおすすめです。

洗濯ネットのメリットは、いくつかあります。

洗濯ネットに入れることで、猫は狭くて動きが制限される空間だと安心感を得られるので、興奮状態だとしてもしばらくすると落ち着いていく可能性があります。

しかも網目があるため、外の様子も見えます。

動物病院では洗濯ネットに入れた状態でも診察を受けられます。

動物病院の先生やスタッフさんをケガさせる心配がなく、網目が大きければ洗濯ネットの中から注射を打つこともできます。

洗濯ネットは、猫の体のサイズに対して2倍の大きさを用意します。

猫を入れたときに窮屈な感じはぜず、入れたときに猫の向きや洗濯ネットの向きを変えられますし、余裕ある部分は結べば身体を固定できます。

いきなり洗濯ネットを使用すると警戒心を与えてしまうので、慣れてもらうために普段から洗濯ネットで遊んだり、寝るときのお供にしたりしましょう。

慣れれば洗濯ネットに猫自ら入ってくれますし、そのままキャリーに入れられます。

捕まえるときには洗濯ネットを裏側にして、洗濯ネットの中に両手を入れましょう。

その状態で警戒心が強くない猫を捕まえ、そのまま洗濯ネットをひっくり返して入れてしまいファスナーを閉めます。

ファスナーをしっかり閉まっているのを確認してキャリーにいれましょう。

注意点としては慣れないうちから無理やり洗濯ネットに入れて、どこかに連れて行ってしまうと、洗濯ネットを見ただけで走って逃げ出してしまいます。

洗濯ネットは嫌なことされるというイメージを結びつけないようにしてください。

あと、洗濯ネットに入れたままだと、身体が自由に動かせない状態なので、落ちたりしないようにしないようにしましょう。

病院へ連れて行くとき猫をどうやって捕まえる?捕まえ方のコツを教えますわさ

猫を入れる専用の洗濯ネットも発売されているぞ

病院へ連れて行くとき猫をどうやって捕まえる?捕まえ方のコツを教えますフレイ

それはもはや洗濯ネットではないんじゃないかにゃ…?

猫の捕まえ方

まとめ

今回は猫の捕まえ方について紹介しました。

猫は普段行わない行動をされると、飼主だとしても警戒心が出てしまいます。

しかも警戒心が出てしまうと解くのに時間がかかってしまいますし、飼猫から攻撃されて手にケガをしてしまいます。

そうならないように、普段からキャリーを出してみたり、洗濯ネットに慣れさせるために遊んでみたりしましょう。

慣れると、キャリーにすんなりと入る可能性がありますよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
トップへ
目次
閉じる